エアトリステイ

民泊運用を成功させるうえでとても重要なのが、データに基づく意思決定です。

 

 

「このエリアで物件を民泊運用した場合、どの程度の稼働率と収益が見込めるのか?」

 

「稼働率を上げるためには宿泊料金をいくらに設定すればよいのか?」

 

「競合のリスティングと差別化するためにはどんなアメニティが必要なのか?」

 

 

など、民泊運用においては正確なデータに基づく正しい意思決定を求められる場面が数多くあります。

そこで役に立つのが、データ分析企業が提供している民泊データ分析サービスです。

民泊データ分析サービスとは?

民泊データ分析サービスとは、Airbnbをはじめとする民泊サイトに公開されているリスティングデータなどをクローリングし、

グラフや表などを用いて見やすいデータとして提供するサービスのことを指します。

 

データはレポートとして提供される場合、ウェブアプリケーションとして提供される場合など様々ですが、

各地域の宿泊単価や稼働率、売上といった気になる情報を取得することができます。

こんな悩みはありませんか?

価格調査ってどうしてる?

民泊ホストの多くの方が民泊物件の購入時や、実際に運用を開始する際に、下記のような悩みを抱えています。

 

 

 

・自身の物件を民泊運用した際の収益をシミュレーションしたい

 

 

・民泊物件の選定にあたり、高い稼働率が期待できるエリアを知りたい

 

 

・競合物件の稼働率や価格戦略を分析して自身の物件の改善点を知りたい

 

上記の悩みに一つでも当てはまる方は、ぜひ民泊データ分析サービスを活用することをおすすめします。

 

民泊データ分析サービスを用いて実際の民泊運用データを定量的に把握することで、より的確かつ効率的に民泊運用の戦略を考えることができるようになります。

民泊データ分析サービスを利用するメリット

価格調査ってどうしてる?

民泊データ分析サービスを利用するメリットとしては、主に下記の3つが挙げられます。

 

 

①民泊運用する前に、収益予測が立てられる

 

②定量データに基づき、競合と差別化するための価格戦略が立てられる

 

③競合物件のデータと比較することで自身の民泊運用の改善点が見える

 

 

それぞれのポイントについて簡単に説明していきます。

 

民泊運用する前に、収益予測が立てられる

民泊運用を始める前に必ずやっておきたいのが、民泊運用時の収益シミュレーションです。

 

ゼロから民泊を始める場合、物件の取得や契約、家具・アメニティの設置など様々な初期費用がかかります。

また、運用開始後も光熱費やWiFi料金など運用費がかかります。(運用を代行会社に依頼する場合はさらに費用がかかります。)

 

最初にしっかりとした収益シミュレーションをしておかないと、せっかく民泊運用を開始しても収益が出るどころか思わぬ赤字が続いてしまい、早期に撤退に追い込まれるリスクもあります。

 

そして正確な収益シミュレーションをするためには、正確なデータが必要不可欠です。

 

民泊データ分析サービスを利用して自身の物件の周辺エリアの宿泊単価や稼働率などをしっかりと把握することで、

民泊運用時の収益を事前に予測し、運用するかしないかの意思決定や、収益最大化に向けたヒントを得ることができます。

 

定量データに基づき、競合と差別化するための価格戦略が立てられる

民泊運用において稼働率を高める上で鍵を握っているのが、宿泊料金の設定です。

 

特に周辺に競合物件が多いエリアで民泊運用する場合、エリアの宿泊料金相場よりも安い宿泊価格を設定することで予約率を上げることができます。

 

しかし、稼働率を高めるためにあまりに価格を下げてしまうと、売上の最大化にはつながりません。

民泊運用の利益を最大化するためには、この宿泊価格と稼働率のバランスを考えつつ、柔軟かつ戦略的な価格設定を行う必要があるのです。

 

民泊データ分析サービスを活用することで、周辺エリアの競合物件がどのような価格設定をしているのかを詳細に把握することができます。

競合物件のデータと比較することで自身の民泊運用の改善点が見える

民泊運用の稼働率を左右する要素は、価格以外にもアメニティの充実度やレビューの獲得状況など様々です。

 

 

 

民泊データ分析サービスを利用することで、

 

 

・自身の周辺エリアの物件がどのようなアメニティを設置しているの?

 

・どの程度レビュー集めているの?

 

・どのような評価を受けているの?

 

 

などを定量的に把握することができ、差別化すべきポイントが明確になります。

 

 

 

稼働率を上げるためには、自身の物件のボトルネックをつぶすことが最短の近道です。

 

立地や住所、物件タイプなどは変えられませんが、アメニティやレビューなどは努力と投資次第で十分に改善可能なポイントとなります。

ぜひ民泊データ分析サービスを活用して自身の物件の強みと弱みを把握し、改善につなげましょう。

 

現在日本には数多くの民泊データ分析サービスが存在しています。

民泊運用をご検討中の方はぜひ参考にしてください。

Other columns 他のコラムもご覧ください